入れ歯
HOME>入れ歯
見た目がよく、しっかりと噛める。入れ歯の常識が変わる。

入れ歯でも審美性(見た目)に優れ、機能的にもかなりしっかりと噛めるタイプがあります。お口全体の治療計画を綿密に立てて、その適応症にあった入れ歯(義歯)を選択して作ることが重要です。

誰でも入れ歯にはなりたくないものですが、入れ歯を使わないと治せないケースもあります。そんな時、歯科医とのコミュニケーションを着実にとることで、これまでの入れ歯の常識が変わります。

入れ歯のポイント

お一人おひとりに合わせた「総入れ歯」。

総入れ歯 ( 総義歯 ) の常識も変わりつつあります。技術的にも精巧になり、しっかり噛めて話しやすさも増しています。もし現在、「総入れ歯が痛い、外れやすい、しゃべりにくい、安定しない」などのお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。小松歯科では一人ひとりに合った総入れ歯を作ることにより、快適に噛める毎日を皆様にご提供できるよう努めております。

残った歯のケアが重要な「部分入れ歯」。

部分入れ歯は、残った歯を活かしながら歯が本来持っている機能を回復するように設計されます。したがって、部分入れ歯で重要なポイントは、残すことができる歯をしっかり守り続けること。部分入れ歯は、残った歯が失われても継続して使えるよう設計・作製されますが、部分入れ歯の性能(安定性、咀嚼能力、見た目、外れにくさ)は、歯を失うごとに低下してしまうからです。

入れ歯の種類

入れ歯には以下の4つの種類があります。歯の状態やご希望に応じて最もふさわしい種類を作製いたします。

保険適用の入れ歯

技術的な進歩は著しいものの、色・形などのタイプが少ないため自然な感じが出にくい点や、固定方法も限られ、強度も若干低くなるなど自費で作る場合とは満足感に差が出てしまいます。

ノンクラスプデンチャー

新素材の使用により、入れ歯とは気づかれずお口にぴったり密着するとともに、吸水性がないので臭いも気にならず快適です。もちろんお食事も美味しくいただけます。バネが見える入れ歯の欠点や、歯を削るブリッジやインプラント(人工歯根)の手術を避けたい患者さまに最適です。

金属床

金属を使うことで入れ歯を薄くできるので、保険の総入れ歯よりもしゃべりやすく、お口にぴったりと合った違和感が少ない入れ歯を作れる可能性が高まります。また、金属は熱伝導性に優れているので、食事をした時の温度感覚が自然に近く、汚れが付きにくいため清潔です。

アタッチメント義歯

磁性アタッチメント義歯とは、入れ歯と残っている歯のそれぞれに磁石を取り付けることによって、入れ歯の安定やものを噛む能力を高める方法です。

入れ歯の費用

治療内容 費用(税込)
ノンクラスプデンチャー 157,500円~
金属床義歯 300,000円~
金属床部分義歯 150,000円~

※治療内容によっては価格が異なる場合があります。

※デンタルローンによる分割のお支払いも可能です。
スルガ銀行 | デンタルローン

このページのTOPへ