インプラント
HOME>インプラント
失くした歯が、また自然な形でよみがえる人工歯根。

自分の歯を完全に失ってしまった場所に、歯の代わりに埋め込む人工の歯、それがインプラントです。自分の歯の根っこは残す入れ歯や、両隣りの歯を削ってつなぎ合わせるブリッジなどとは違い、根っこがあることが最大の特徴。

骨の中に歯の根と同じ役割をする「人工歯根」を入れるので、普通の生活では動くことはまずなく、自然な歯と同じ様に見えるのが利点です。

インプラント治療のポイント

インプラント治療の水準をより高める「シンプラント」。

インプラントによる治療をよりスムーズにし、そして安全に行うためには事前の検査をどれだけ精密に徹底するかが重要です。小松歯科が行う「シンプラント」とは、インプラントの施術前に行う3Dコンピューターシミュレーションシステムのこと。CTで撮影した画像を処理し、あらゆる情報を立体的に把握できるシステムで、より正確な診断が可能です。

ここが違う! 事前に3Dでシミュレーションを行うことで、より正確に治療できます。

インプラント治療例

case1 歯を1本失った場合

失った部分にインプラントを1本埋入します。従来は、健全な両隣の歯を削ってブリッジを用いて治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行うことが出来ます。

case2 歯を何本か失った場合

従来は局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いて治療を行います。入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんありません。

case3 歯をすべて失った場合

従来の総入れ歯ではなくインプラントを用いて治療します。この方法なら食物が入れ歯と口腔粘膜の間に挟まったり、入れ歯が合わなくなるようなことはありません。

インプラント治療の流れ

3つのパーツを丁寧に適合させ装着します。
1.「カウンセリング」

インプラントに関することは何でも、まずは気軽にご相談ください。

2.「検査・治療計画」

歯科用のCTを使い、インプラントによる治療が可能かどうかを診断。そのあと患者さまと十分に話し合いながら治療計画を立てます。

3.「シンプラントによる画像診査」

患者さまの治療情報を立体的に把握し、インプラントの精度を格段に高めます。

4.「術前措置」

歯周病やカリエス(虫歯)治療、不良な冠の除去などを行い、衛生状態を良好にし準備を整えます。感染を防ぐために、必ず必要な治療です。

5.「(歯の根となる)フィクスチャーの埋入」

歯の根に相当する部分のインプラントの部品(フィクスチャー)を、アゴの骨を埋め込む手術を行います。局所麻酔を用いて行いますので安心して手術が受けられます。

6.「治療期間」

骨とフィクスチャーがしっかりと結合するまでの治療期間を設けます(3~6ヶ月)。

※治療期間は骨の質などにより個人差があります。

※この間、必要に応じて仮歯を入れることもあります。

7.「アバットメント(支えとなる土台)の連結」

フィクスチャーと人工歯をつなぐ支台となるインプラントの部品(アバットメント)をフィクスチャーに連結します。

※この時、簡単な手術を行う場合もあります。

8.「人工歯の装備」

インプラントを含めたお口の中全体の型を取ります。その型に従って人工歯を製作します。そのあと、アバットメントの上に人工歯を装着して完成です。

9.「メンテナンス」

インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。半年に一度の頻度で、定期的にチェックされることをおすすめしています。

インプラント治療の費用

治療内容 費用(税込)
インプラント検査費用 31,500円
インプラント後の補綴処置 150,000円
インプラント一次手術 150,000円
インプラント二次手術 50,000円

※治療内容によっては価格が異なる場合があります。

※デンタルローンによる分割のお支払いも可能です。
スルガ銀行 | デンタルローン

このページのTOPへ